In Love with Nature 〜インドの竹笛バーンスリーとエキゾチック・パーカッションの夕べ〜 コンサート前売チケット
hot
5bac55035f786662d8000208

販売期間
2018/09/27 00:00 〜 2018/10/24 23:59

In Love with Nature 〜インドの竹笛バーンスリーとエキゾチック・パーカッションの夕べ〜 コンサート前売チケット

  • 開催日

    2018/10/24

  • 開始時間

    18:30

¥2,500 税込

※こちらは電子チケットです
※別途発券手数料が2%がかかります
In Love with Nature 〜インドの竹笛バーンスリー&エキゾチック・パーカッションの夕べ〜 音によって瞑想の境地へと導かれる、「音のヨガ」体験をしてみませんか!?インドの竹笛バーンスリー奏者のシャイアン・キショールさんの音楽は、私たちを内なる宇宙の深奥にみちびいてくれます。 タイの伝統楽器「キム」を始めとする、珍しいパーカッションとのコラボレーションにより、繊細かつダイナミックな音楽世界がひらかれます! ◆日時 2018年10月24日(水) 18 : 30 開演(18 : 00 開場) 佐伯区民文化センター2F 音楽室 ◆演奏 シャイアン・キショール Shyan Kishore/バーンスリー 高木リィラ Leela Takaki/パーカッション、キム(タイの伝統楽器) 他 参加費:予約:2500円 当日:3000円 ご予約&お問合せ:leelamusic.info@gmail.com(高木リィラ)、またはFacebookのメッセンジャーからも受付いたします。 旅するイギリス人ミュージシャン、インドの竹笛バーンスリー奏者のシャイアン・キショールさんが広島にやってきます! 9月〜11月にジャパン・ツアーで関西〜関東を飛び回るシャイアンさんの多忙なスケジュールの中で無理をお願いし、1日だけ広島でのジョイント・コンサートを開催できる運びとなりました。 急遽開催が決定したため、告知が遅れましたことをお詫び申し上げます。 11月以降は日本を離れ、中国・オーストラリアへのツアーに旅立たれるシャイアンさんの、ミラクルなバーンスリーの音を広島で聴けるチャンスです。ぜひ、バーンスリーのサウンド・ヒーリング・パワーを味わってください♫ <バーンスリーとは?> インドの古典楽器の一つであるバーンスリーは、竹の横笛で「バンブ-フルート」とも呼ばれ、現代西洋楽器「フルート」の原形となった楽器です。 その音は、とてもナチュラルで、美しく、優しく、時に鋭く、柔らかな中に芯の強さを秘めています。 クリシュナ神をはじめとするヒンドゥー教の神々と縁深い、神秘的な楽器として知られているとともに、「心を浄化し、いやす音色」として人々を魅了してきました。 シャイアンさんのバーンスリーの音を初めて聴いた時、体の中を風が駆け抜けるような爽やかさ、気持ち良さ、即興で紡ぎ出されるラーガ(旋律)によって導かれる世界の多様さに驚嘆しました。 ヨガ・ティーチャーとして、ボディ・ワークだけでなく、スピリチュアルな側面も大事にされているシャイアンさんのバーンスリーには、技術を超えた深い精神性、自然への崇敬の念が込められています。 バーンスリーの音と音の間に存在する「空白」の中に投げ出される時、私たちの意識は個を超えた生命根源とひとつになるでしょう。 バーンスリー演奏歴22年のシャイアン・キショールさんの演奏に、キム(タイの伝統打弦楽器)、ガンクドラム(金属打楽器)など、世界の様々な打楽器をクロスオーバーした、スペシャルなコンサート! 唯一無二の、「サウンド・メディテーション(音による瞑想)」を体験してみませんか!?   ■Shyan Kishore(シャイアン・キショール)/バーンスリー ロンドン生まれ、イギリス人。 幼少期は多くの時間を自然の中で過ごす。 1996年にインドの古典楽器バーンスリー(竹の横笛)に出会い、その魅惑的な心を揺さぶる音色に強く惹かれる。 以来インドのバーンスリーの第一人者である巨匠ハリプラサッド・チャウラシアに師事。インド古典音楽の真髄に触れ、そこから受けたインスピレーションを元に、様々な音楽ジャンルを代表するミュージシャンたちとのコラボレーションも行っている。 世界各地でコンサートを開催し、バーンスリーの指導を行う一方、その才能を買われ多くのアルバム制作やプロジェクトに携わる。 自身のアルバムも6枚プロデュースし、13本のYouTubeミュージックビデオをリリースしている。 また、ヨガミュージックの歌姫デヴァ・プレマールやグラミー賞受賞チベット人シンガーヤンチェン・ラモなど数多くの有名なアーティストと共演している。音楽に包まれ自身の心の奥深さを知り、音楽を通して愛を分かち合うことに喜びを感じている。 ヨガ講師としても活動し、音楽をそのプラクティスの一環と捉えて、聴き手を「音のヨガ」の旅へといざなう。インド、オーストラリア、タイ、日本などを舞台に演奏の旅を続けている。 https://shyanbliss.wixsite.com/shyan-kishore ■高木リィラ Leela Takaki/パーカッション 東京都出身。東京藝術大学音楽学部打楽器科卒業。 幼少より音楽に親しみ、打楽器、マリンバ、パイプオルガン、ピアノ、ヴォイスなどを通じ、100曲以上のオリジナル音楽を創作&演奏。 トルコ、東南アジア、パラオ、沖縄、小笠原諸島等への旅体験を経て創られた多様な作品群は、独自の世界観が息づいた「オンリー・ワン」の音楽であるとの高い評価を得ている。 これまでにオリジナル・アルバム、『メドゥーサ』『アルテミス』『木花佐久夜姫』『ニイルピトゥ』『マンドラゴラ』『プラウ・シパダン』、ハイレゾ音源『ボニン・ブルー』のほか、J.S.バッハのオルガン曲集CD『たまふりオルガン』をリリース。 『アルテミス』の最後の曲(太霊道奉讃歌)では、一人で100トラックのコーラスを重ねるなど、大胆なプローチも話題となった。 写真家・高木一行[たかきかずゆき]とのコラボレーションによるスライドショー作品も多数。 現在は写真や身体表現による藝術作品づくりも意欲的に展開中。 YouTubeチャンネル<LeelaMusic>を通じ、オリジナルのスライドショーや音楽演奏動画を配信。 広島で「リィラ音楽教室」を主宰する。 2017年、マリンバ奏者/作曲家の松本律子とともに、マリンバ&打楽器&電子音ユニット<りんぐリン ::: RingLing :::>を結成。女性ならではの感性を活かし、新しい音世界の探求を開始する。 <NPO法人ヒーリング・ネットワーク>に所属し、理事を務める。 地域活性化のイベント「いきいきサロン」等で音楽演奏を行ない、社会福祉活動にも従事。 2017年、安心&安全な消毒水「コモスイ」販売やおとりよせレストランKOUCHI-YAを経営する(有)サモア取締役に就任する。 2018年、「広島へび女[じょ]会」を発足。会長に就任。 2018年春より、「ミュージック・デザイン」というヴィジョンをかかげ、新たな活動の位相に入る。 打楽器、マリンバを、有賀誠門、岡田知之、中谷孝哉、中谷幸子の各氏に師事。